弁護の秩序

弁護の秩序

弁護士になるために学校で大切なこと

弁護士は、依頼を受けてから事件の事実関係を調べ、裁判では被告人の弁護人となります。弁護人は「検察官が提出した証拠では、この罪を犯したと判定するには不十分」、「被告人はだれだれから、この犯罪を強制された」、「こういう状況にあったので、このような犯行に及ばざるをえなかった」など、被告人の側に立った事実を、準備した証人の証言などをもとに裁判官に訴え、できる限り被告人に有利な結果に持っていくのです。弁護士になるためには、司法試験に合格しなければいけませんが、もっと身近なことを言うなら、まず人間の尊厳を踏みにじっている「いじめ」がもし自分の身近なところで起こっていたなら、それをなくすように、努力することが大切です。学校でクラスの大勢相手に、たった一人を守るために、一人ぼっちで戦う勇気こそが、強い弁護士になるための第一歩です。人間は、一人一人が平等に尊重されなければなりませんから、間違った優劣意識にとらわれずに、だれとでも対等に接する姿勢が必要です。

弁護士になるには学校に行く必要がある

弁護士を志す方が多くいます。弁護士になるには、専門学校や、大学に必ず行く必要があります。弁護士になるには、日本や外国の難しい法律を勉強して、知っておく必要があります。ただ法律を暗記するだけではなく、必要なことは色々な物的証拠を見つけ出し、世の中の本当の正しさを見出だして、犯人ではない人が犯人になってしまうような、人の人生を棒に振らせないように、間違った裁判をさせないように困った人を助ける役目があり、法律の条文だけではなく、正しい判断を下すためにも、一般常識を身に付けることや社会のことや、歴史のことも知っておくことが大事です。その事もしっかりと学校で学ぶことができます。この職業に就くことは簡単な事ではないのです。人を助けるということも簡単な事ではなく、沢山知っておかないとならない事があり、学校だけではなく、それ以外に自分で本を読んだり、あらゆる方法で情報を積極的に収集して勉強をしておくことも大事です。

『弁護士 学校』 最新ツイート

@shinohaiiranu

なんで、クビにならないか?学校の前に警察と弁護士に言って、表沙汰にするべき。先に学校に言うと「隠蔽のプロ」 https://t.co/0vKMgBYzQc #日刊ゲンダイDIGITAL

4分前 - 2019年07月18日


Favorite

2016/4/28 更新

▲ページトップ

Copyright (C)2015 弁護の秩序.All Right Reserved.