弁護の秩序

弁護の秩序

心配なことがあれば迷わず弁護士に相談しましょう

弁護士と聞くと普通に生活している人からすると敷居が高そう、どのように相談したらいいのか、お金がかかりそう、など分からないことが多いのではないでしょうか。もし、自分で解決できないようなトラブルや問題が日常生活で起こってしまったらどうしたらよいでしょうか。大げさな話ではなくトラブルは自分がどんなに気をつけていたとしても明日起こるかもしれません。実際の被害だけでなく、まだ起こってはいないが不安に思っていることなどありましたら、1人で悩まずに専門家に相談することは大切です。最近はテレビ番組でも法律問題を取り上げて毎週放送していますし、インターネットでも法律無料相談のサイトに沢山相談が寄せられており、弁護士が直接回答した内容を閲覧することができます。法律を身近に知っておいて無駄になることはありません。もし自分が何らかのトラブルでどうしたら良いか分からない場合、まずは区役所や市役所などで無料法律相談を受けることをお勧めします。その結果、正式依頼をするべきと判断した場合にはインターネットサイトで全国の弁護士の紹介プロフィール・得意分野・対応地域・料金などが閲覧できます。大変検索しやすくなっていますので、自分で判断し、直接連絡することができます。

弁護士に依頼できることと依頼しないこと

弁護士は法律の専門家であり、その業務内容は個人の日常の問題の殆どに対応していますし、企業の問題、民事事件・刑事事件など多岐にわたっています。活躍する範囲が大変広いので何でもお任せできるのではと考えがちですが、同じ問題でもその被害内容・金額により依頼できない、または引き受けても費用倒れになってしまうことがあります。その際には別の方法を考える必要があります。一つの例として金銭の貸し借りがあります。個人にお金を貸したが約束通りの期日に返してもらえない、となったとします。どのように対応したらよいでしょうか。これは民事事件に該当しますので、最終的な判断は民事訴訟の判決になります。そうなる前にやることとしては返さない相手に内容証明で請求書を送り反応をみる、回答しないようなら裁判所に調停・支払督促という方法で、ここまでは個人でやることはできます。それでもお金を返してもらえないとなると訴訟をおこさなければなりません。そこで弁護士に相談することになるのですが、着手金だけで数十万かかりますので、着手金より貸したお金が少ない場合は依頼は難しいです。60万以下の金銭返還でしたら少額訴訟という方法がありますので、自分で訴訟をして解決する必要があります。それに対して貸したお金が着手金を大きく上回る場合には弁護士の方の力を借りるほうが良い場合があります。

check

カラコンでデカ目演出!

カラコン

Last update:2019/8/1

『弁護士』 最新ツイート

@momijiman1129

朝日新聞 テレ朝をぶっ潰す だったら支持率上がるのに #N国 #文春 #テレ朝 N国党が“青汁王子”に触手 立花氏への文春砲には「橋下弁護士」要請 https://t.co/nVqeaX85Rr

17秒前 - 2019年08月22日


@Anwith3

社会通念上、事務所の宣伝目的でアイドルのフォローなんて常識が欠如した軽率な行為であることは言うまでもない。こんなことも分からずに「宣伝目的」と言い訳するようなリテラシーなさすぎる人物が弁護士をやってることに関して日本の将来に不安を感じます。

2分前 - 2019年08月22日


@sky_galaxy_700

@kafuSKT 冤罪の場合弁護士呼んで証拠集めて名誉毀損で反訴するしかないな()

3分前 - 2019年08月22日


▲ページトップ

Copyright (C)2015 弁護の秩序.All Right Reserved.